吃り(どもり)は発達障害と思っているなら間違いです

美容・健康

あなたは、吃り(どもり)が出る自分や子供の事を「発達障害」だと思っていませんか?

 

身体的な検査を病院でしても、心療内科や専門機関で診て貰っても「異常はないです」と言われ、先天性の異常では無いかと思っていませんか?

 

もし、医学的な治療を必要とする診断を受けていないのなら、あなたの吃り(どもり)は「発達障害」では無いでしょう。

 

そんなあなたや、あなたの子供が悩んでいる「吃り(どもり)」は、心の奥底に眠る”潜在意識”の問題なのです。

 

と言われても、「はい、そうですね」とは納得できないと思います。ただ、多くの場合、幼少期に起きた「何か」がキッカケで、吃り(どもり)を引き起こしている可能性が高いのです

 

⇒ 吃り(どもり)の正体

 

なぜここまで「発達障害ではない」と言い切れるのか。

 

それは、実際に吃り(どもり)を克服した方が、その方法を吃り(どもり)に悩む方に伝えたところ、克服できたからなんです。

 

 

身体的な問題でも無い・精神的な問題でも無い。ましてや「発達障害」なんて事でもない。

 

じゃ、何が原因で、どうやって治すんだ!」と思われていると思います。原因が分からないと不安になりますからね。

 

でも安心してください。あなたの吃り(どもり)を治す方法は、ちゃんとあります。

 

正確には、「治す」と言うのではなく、「吃り(どもり)を意識しなくなる」と言う方法です。先ほども少しお伝えしましたが、吃り(どもり)は”潜在意識”により起こるものです。

 

ですから、その意識を変える事により、吃り(どもり)を「意識しなくなる」「吃り(どもり)を問題としなくなる」のです。

 

その潜在意識を変えていくための方法も、誰でも無理なく実行できるよう体系化されているんです。

 

この方法は「呼吸方法」や「発語訓練」などの身体的なトレーニングは行いません。ノートとペン。そしてインターネットの接続できる環境があれば、誰でもできるトレーニングです

 

たった3ヶ月、このプログラムを実践するだけで

  • 名前が言えない。電話に出るのが怖い
  • 「サ行」が言えない
  • 挨拶や返事が言えない

などの、今までの悩みを意識する事は無くなり、吃り(どもり)がでても全く気にする事は無くなるでしょう。

 

吃り(どもり)を「発達障害ではないか」と悩み落ち込んでいた事も、このプログラムを実践していくだけで、”潜在意識の問題”と思えるようになります。

 

もし、あなたの吃り(どもり)や、子供の吃り(どもり)を「治したい」と思うなら、このプログラムを強くおすすめします。

 

しかも、このプログラムの購入には「全額返金保証」も付いています。

 

全く効果が無かったら、嫌だな」「お金も時間も無駄にしないかな」、こんなあなたの不安も全くありません。

 

ただし、この特典もいつまで続くかわかりません。「もう少し考えてから」と先延ばしにすると、特典が無くなっている可能性もあります

 

これから先の数十年を、心からの笑顔と揺るぎない自信に満ちた人生にしたいなら、後悔しない為にも、今すぐ購入される事をオススメします。

 

⇒ 吃り(どもり)を克服する方法

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました